トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

PSVita/PSM_SDK

Last-modified: 2015-04-25 (土) 17:22:53 (907d)
Top / PSVita / PSM_SDK

PSVita

Play Station Mobile Developer Program が終了

もう話題も過ぎ去っておりますが、2015年3月4日に以下のお知らせがありました。

PlayStation®Mobile Developer Program 終了のお知らせ

一度ベータの時に SDK は落としてみたのですけど、この機会にもう一度触ってみようかと思います。
せっかく Vita 持っているのですし!

PSM SDK

より、PSM SDK をダウンロード。

sdk1.png


落とした SDK をインストール。

Development Assistant for PSM SDK のダウンロード

PSM SDK で作ったゲーム・アプリを自分の Vita に転送するには
PC の IDE から Vita の "Development Assistant" というアプリを介して行います。
それをダウンロードします。

上記のアドレスを Vita のブラウザでアクセスし、ダウンロード。

sdk2.jpg


ダウンロードが終わればそのままインストールが始まります。

デモのビルドと配置

PlayStation? Mobile Studio を起動します。

ここでは試しに "ShootingDemo?" を開いてみます。
(C:\Users\Public\Documents\PSM\sample\demo\ShootingDemo?)

sdk3.png


ビルドするとすんなり成功するので、実行。
"PlayStation? Mobile Simulator" というシミュレータ(エミュレータ?)が起動します。

sdk4.png

ターゲットデバイスの変更と鍵の生成

次は PSVita に転送および実行してみます。
PSVita で先ほどインストールした PlayStation? Mobile Development Assistant (PSM Dev) を起動した状態で PC と USB 接続。
すると PlayStation? Mobile Studio の右上に "PlayStation? Mobile Simulator" とあるプルダウンメニューから PSVita が選択できるようになるはずです。

あとはこれに変更して IDE から "実行" を選択すれば転送されて実機上で実行されるはず、なのですが・・・エラーが出ました。

sdk5.png


私がいじったことのある昔と違い、今は各アプリごとに鍵が必要なんですね。
そこで下記の情報を参考に作成します。

おおまかには

  • 鍵 -> パブリッシャ鍵の生成を行う (次回以降、他のアプリの生成の際には不要)
  • 鍵 -> Publish Utility の鍵管理画面を開く
  • Application ID の登録 -> ShootingDemo? の app.xml を選択
  • Generate App Key アイコンをクリックし、アプリ鍵を作成する

と言った感じ。
まぁ上記のページが分かりやすいのでそれを見るのが一番と思います(^^;)

Vita 実機上で実行

アプリ鍵を作成したので、その情報を埋め込むべくリビルドします。
そのあと実行。
実機上で動作しました!

sdk6.jpg

終わりに

デモやサンプルがソース付きでたくさんあって、しかも日本語のコメント付き。
非常に勉強になる SDK だと思いました。
もう少し盛り上がっても良いのになーというのが個人的な感想ですね。。


2015/04/25 : 1st


添付ファイル: filesdk1.png 328件 [詳細] filesdk5.png 278件 [詳細] filesdk2.jpg 288件 [詳細] filesdk4.png 345件 [詳細] filesdk6.jpg 286件 [詳細] filesdk3.png 283件 [詳細]